2018.08.01 Wednesday

ヒジキは茹でこぼすのがいいらしい

0

    JUGEMテーマ:料理

     

    全く知らなかったのですが、2004年に英国食品規格庁より、『ひじきは食べないほうがいい』という、日本人にとっては驚きの勧告が出されていたそうです。

     

    ひじきの損失余命とは……「タバコより危険」は本当か

    http://allabout.co.jp/gm/gc/470023/

     

    理由は無機ヒ素の含有量が多いため、とされていますが、上記のページでは『1日あたり4.7g以上を食べ続けない限り、健康に悪影響を与えることは無い』ともしています。

     

    ひじきに限らず、一般的に海産物にはヒ素や水銀など様々な毒物が含まれていますし、他の食品でも例えばワラビなどには発がん性物質が含まれているとされます。

    ですが、これらの食品が基本的に問題視されることが無いのは、大量かつ長期にわたって摂取し続けない限りは実際に健康を害することはないためです。

    パラケルススの説いた『量が毒を成す』の言葉通り、ほとんど全ての物質には毒性があるものであり、その量こそが重要というわけです。

    バランスの良い食生活こそが大事なわけですね。

     

    さて、イギリスからのひじきについての勧告ですが、おそらく通常どのように調理されるかを加味せずに出されたものなのではないかと思われます。

     

    農林水産省の調査によれば、水で戻すだけでも無機ヒ素の50%は除去され、茹でこぼせば90%が除去できるとしています。

     

    乾燥ヒジキのヒ素を減らす調理法の調査結果

    http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/gyokai/g_kenko/busitu/pdf/chousa.pdf

     

    気になるようであれば、茹でこぼすのが良さそうですね。